CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 5月5日はこどもの日!簡単で可愛い「お祝いプレート」レシピ

5月5日はこどもの日!簡単で可愛い「お祝いプレート」レシピ

画像:Cafeくろねこ

5月5日はこどもの日ですね。今年はどんなお祝いにしようか、そろそろ頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか?

そこで今回は、小さなお子さんが喜びそうな“可愛いプレート”と、大きなお子さん向けの“おしゃれプレート”のアイディアをご紹介したいと思います。

 

■小さい子も喜ぶ!こいのぼりプレート

画像:Cafeくろねこ

こどもの日のシンボルでもある“こいのぼり”をテーマにしたプレートです。3匹のこいのぼりは、ピーマン、ウインナー、卵焼きで作っていますが、これらをお子様の好きな食材に変えればアレンジは無限!

今回はチーズと海苔で目をつけました。実際は黒や青のこいのぼりがメジャーですが、色鮮やかな食材で作った方が華やかになってオススメです。きゅうりやカニカマ、エビフライなどにしてもいいですね!

そしてこいのぼりを持つ男の子は、おにぎりを3つ丸く握ってそれぞれ顔と手にしています。ハムとチーズで兜に見立てれば、ますます雰囲気が出ますよ!

 

■オトナも一緒に楽しめる、おしゃれプレート

画像:Cafeくろねこ

大きなお子さんや、パパや親族と食卓を囲む際に一目置かれそうなプレートです。ポイントは、ちらし寿司の盛り付け方。具材を全て混ぜたり散らさずに、透明な器に2~3層に分けてご飯をつめます。今回は高菜ご飯と桜でんぶご飯で、その上に、卵、サーモン、いくら、きぬさやをのせました。

そして兜型の春巻きも簡単にできますよ、作り方は折り紙で兜を折る方法と同じ!

画像:Cafeくろねこ

正方形の春巻きの皮だからこそ簡単にできる一品。兜の空いている口部分からチーズや青じそ、生ハムなどお好きなものを入れればアレンジもでき、水溶き片栗粉で封をして両面がこんがりするまで揚げたら完成です。

 

いかがでしたか? どちらもちょっとした工夫をするだけで、お祝いごとにふさわしくなりますね。今年のこどもの日は、いつもとちょっと違うプレートで楽しんでみませんか?

 

【画像】

※ Cafeくろねこ