CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > お花見は桜だけじゃない!満天星のような「ドウダンツツジ」が今必見

お花見は桜だけじゃない!満天星のような「ドウダンツツジ」が今必見

画像:田中綾

すっかり暖かく春めいてきて、桜もようやく満開に近づいてきましたね。みなさまお花見楽しまれましたか?

でも春のお花見は桜だけじゃないんです! 今回は“ドウダンツツジ”が咲き乱れる尾張旭市のお花見スポット、古民家『どうだん亭』の“春の一般公開”をご紹介したいと思います。

 

■『どうだん亭』ってどんなところ?

画像:田中綾

『どうだん亭』は、昭和17年、陶磁器輸出業を営んでいた浅井竹五郎氏の住宅離れとして、岐阜県飛騨市にあった合掌造りの民家を改修・移築された日本家屋です。現在建物の一部は、国の登録有形文化財に指定されています。

以前ご紹介させていただいたように、年に3回開催される一般公開では四季折々様々な表情を楽しむことができ、とても人気ですよ。

この秋必見!隠れた紅葉スポット尾張旭の異空間『どうだん亭』

愛知県尾張旭の古民家『どうだん亭』で、歴史あるひな人形に出会う

 

■満天の星のように咲き乱れる“ドウダンツツジ”は必見!

画像:田中綾

庭園には春になると、『どうだん亭』の名前の由来である“ドウダンツツジ”が美しく咲き誇ります。『満天星(どうだん)』という漢字が示す通り、可憐な白い花が満天星のように咲き乱れる庭園は必見です!

画像:田中綾

桜同様、今年のドウダンツツジの開花は遅れており、現在咲き始め。まだ間に合います。筆者の予想では一般公開後半がオススメです。尾張旭の隠れたお花見スポット、是非訪れてみてくださいね!

 

<施設情報>

どうだん亭 春の一般公開

開催期間:2017年4月8日(土)~4月16日(日)10:00~16:00
場所:どうだん亭
住所:愛知県尾張旭市霞ヶ丘町南298
入場:無料

 

呈茶(市文化協会茶菓道部会)

開催:2017年4月16日(日)10:00~15:00
一席:400円

※駐車場の数が限られるため、開催期間中は公共機関での来場がオススメです

 

【参考】

※ どうだん亭/尾張旭市

 

【画像】

※ 田中綾