CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 【ママリアル】私のこと嫌いなの!? 文句ばかり言う子どもの本音とは

【ママリアル】私のこと嫌いなの!? 文句ばかり言う子どもの本音とは

画像:Gladskikh Tatiana / Shutterstock

子どもがいつも笑顔でいてくれたら、親としては安心ですよね? 逆に毎日しかめっ面をされて、文句ばかり言われていたら、悲しくなってしまうでしょう。

『子育てハッピーアドバイス』シリーズの著者、精神科医明橋大二先生のもとで、ハッピーアドバイザーとして活動する筆者が、そんなママの切実なお悩みにお答えします。

 

■私のこと嫌いなの!? 文句ばっかりの幼稚園児の娘に悩むCさんのお悩み

幼稚園の年中組の娘のことです。幼稚園へは嫌がらずに通っていますが、毎朝お迎えのバスが来るまで、そして帰宅してからというもの、私に文句ばかり言ってきます。

例えば、「靴下何かする!」と、靴下の中に何か入っていて嫌だと言うので、脱がせて見ても特に何もなく、縫い目の糸がある程度です。

「何もないからはこうね」と、何とか諭してはかせますが、どうしてこれほど文句を言うのでしょうか? 娘の笑顔をほとんど見たことがないです。私のことが嫌いなのではと思ってしまいます。

 

■嫌いどころか、一番信頼している証拠

かわいいわが子に、文句ばかり言われていては、悲しくなりますよね。

嫌われていると思うのも無理はないと思います。幼稚園へは嫌がらずに通われているということですから、お子さん自身も毎日がんばっているのでしょう。

一度、あなた自身を振り返ってみてください。例えば、ご実家の親御さんの前でどんな態度を取られますか? ついつい甘えて横柄な態度を取ったり、わがままを言ったりしていませんか?

大人も子どもも一歩外へ出れば、気も遣うし、緊張もします。それがわが家へ帰って、親の顔を見れば、ホッとしますよね。

文句を言われるのは、あなたに心を許しているからです。他の人には言えないけれど、ママにだけは本当のことが言える、嫌いどころかあなたを一番信頼している証拠です。

文句と捉えずに、「私にだけは本当のことを言ってくれている」と思ってみてはいかがでしょうか。

 

■5人に1人が該当する敏感な体質の可能性も

それからもう一つ。もしかするとお子さんは、『HSC(Highly Sensitive Child)』という、人一倍敏感な体質かもしれません。最近わかってきたことですが、5人に1人は、これに該当すると言われています。

これは、病気や障害ではなく体質です。普通の人が何とも思わないようなことも敏感に感じ、それがとても負担になります。ですから、あなたが「何ともない」と思うことも、お子さんにはとても不快で、負担に感じているかもしれません。

これは、そうでない人にはなかなか理解できないことなので、お子さんの訴えを丁寧に聴いてあげる必要があります。親の感覚で一概には済まされない場合が多いのです。

もし、そうだったとしても、たった一人身近でその敏感さを理解してくれる人がいれば、安心して過ごすことができます。23のチェック項目があるので確認してみる必要があります。

 

Cさんのお子さんは、チェック項目の大半が当てはまったとのこと、一生懸命訴えていたのに、気付いてやれなかったとCさんはお子さんに心から謝られたそうです。文句ではなく、精いっぱい訴えていたのですね。早めに気付いてあげられてよかったです。

お子さんが何か言われることを、こちらの主観を捨てて、ぜひ一度空っぽの状態で聴いてみてあげてください。言い分を聴いてもらえたら、お子さんはそれだけでうれしくて、きっと笑顔が増えるでしょうね。

新学期、新しい環境で、特に緊張が続く時です。ぜひ、ゆっくりとお子さんの話を聴いて、受け止めてあげてくださいね。

 

【関連記事】

このままでは刺されるかも…虐待まがいの新米ママの不安

 

【画像】

※ Gladskikh Tatiana / Shutterstock

Recommend今あなたにおすすめ