CUCURU(ククル) > ライフスタイル > マタニティさん必見!今話題の安産祈願「ベリーペイント」って?

マタニティさん必見!今話題の安産祈願「ベリーペイント」って?

画像:大岡あい

妊娠したら「マタニティフォトを撮ることが夢!」だという方も多いのではないでしょうか? ご主人や上のお子さんと一緒に撮るのもとっても素敵ですよね!

そんな大人気のマタニティフォトが新しい形の安産祈願“ベリーペイント”として進化しているのをご存じですか?

今回は、ベリーペイント『はぴから』で活躍中のベリーペイントアーティストである大岡あいさんに、今話題の“ベリーペイント”の魅力について伺ってきましたのでご紹介します。

 

■ベリーペイントは「安産のおまじない」でもある

画像:大岡あい

妊婦さんのお腹に絵を描く“ベリーペイント”。赤ちゃんと一心同体で過ごした日々を思い出として残すこと、そして新しい形の安産祈願としても注目を集めています。

“マタニティペイント”、“マタニティアート”、“授かりアート”と呼ばれることも。欧米ではすでに大人気だそうです。

画像:大岡あい

実際に妊婦さんのお腹に絵を描くとき「子どもと一心同体でいられるマタニティ期を大切にしてほしい」、「愛を実感して、ママ自身が自分自身を認めてほしい」という想いを込めていくのだとか。

その想いに包まれることで“安産のおまじない”になるのかもしれませんね! “戌の日”の安産祈願や赤ちゃん待ちのおまじないとしてペイントされる方もいるそうですよ。

“ベリーペイント”をするには、ママの体調が良いことが前提ですが、安定期に入った6ヶ月頃から9ヶ月頃がオススメです。

 

■夫婦や家族の絆も強くする!?

画像:大岡あい

お腹に絵を描いてくれるのはプロのアーティストだけではなく、なんと希望すればご主人やお子さんも一緒に描くことができるのです。

「絵心ないし……」と遠慮するのはもったいない!

赤ちゃんの誕生を待っているのはママだけではなく、パパもお兄ちゃんお姉ちゃんも「みんなが楽しみに待っているんだ」という気持ちを筆に乗せることが大切のようです。

 

いかがでしたでしょうか? 二児の母である筆者も「妊娠中に出会いたかった!」と悔しくなるほど愛に溢れた“ベリーペイント”。妊娠中のママやベビ待ちのママはぜひチェックしてみてくださいね!

 

【取材・画像協力】

※ 大岡あい・・・ベリーペイント『はぴから』所属のベリーペイントアーティスト。「妊婦さんを世界一幸せにすること」が自身の仕事であるとし「愛情の記憶」の持つ力を一人でも多くの親子へと届けるため、愛知県稲沢市を中心に活動。目指すは世界平和!