CUCURU(ククル) > ライフスタイル > プチプラ材料で簡単!「和」のパーティーテーブルコーデ術

プチプラ材料で簡単!「和」のパーティーテーブルコーデ術

ハロウィーンブームを筆頭に海外のパーティー文化が浸透してきた昨今。ご自宅でホームパーティーを開くようになった方も多いのではないでしょうか?

海外発のパーティーだけでなく、日本ではお正月や七夕といったシーズンイベントを始め、小さいお子様がいらっしゃる家庭では子どもの行事など“和の催しもの”が多いことも特徴的ですよね。

その都度お祝いの席を設ける方も多いと思いますが、小さな子どもを連れての外食はやはりハードルが高いものです。そんなとき、ご自宅の食卓を素敵な“和”のパーティー仕様にできる、簡単なテーブルコーディネート術をご紹介します。

 

■小皿が多く並ぶ和食のテーブルコーデは「すっきり感」が大事

大皿がドン!と豪快にテーブルに並べられる洋食のパーティーメニューと違い、小皿で銘々出しするメニューが多い和食。お浸しや漬物、茶わん蒸し、ご飯ものに汁もの、醤油皿もいるし……とにかくお皿の量が多い!

たくさんの小皿やお椀をセンス良くコーディネートするのは、なかなか難しいものですよね。

そこで活用したいのが、お盆やランチョンマット。こまごまとしたお皿や小物たちを区切られたスペース内に並べて置くことで、テーブル上をすっきりと整理することができます。

お正月の親戚の集まり時にありがちな「小皿をただ配った、適当にお箸を置いた」という雑然とした雰囲気にならず、美しく整った印象になりますよ!

 

■色画用紙でテーブルコーディネートの幅を広げよう

お盆やランチョンマットを持っていない場合に代用できるのが、なんと画用紙や和紙!

最近では100円ショップでもカラーバリエーション豊富な画用紙が手に入りますし、1枚だけでなく複数の色を組み合わせることで、幅広い和のテーブルコーディネートを作ることができます。

 

■オススメは高級感のある金や銀、華やかな赤

小皿の色や柄が統一できずに雑多なイメージになる場合は、ギュッと引き締まる“黒×ゴールド”の組み合わせでシックな高級感を出してみましょう。

逆に暗い色のお皿や料理が多いときには“白×シルバー”で明るく清潔感のある雰囲気を。

20161031-yamamoto-03

また、おめでたい席をより華やかに演出してくれる赤は、和の雰囲気をグッと印象付けます。3色使いで立体感を出し、豪華さを感じさせることもできますね。

20161031-yamamoto-05

 

■手作りの和小物を添えてオリジナルコーディネートが完成!

画用紙の長方形をそのまま生かして配置するのもいいですが、隅をカットして形を変えると、また違う雰囲気を演出することができます。

20161031-yamamoto-06

画用紙の代わりに和紙を使ったり、水引きや和柄の折り紙で折った鶴を置くなど和小物を添えたりすると、素敵なオリジナルのテーブルコーディネートの完成です!

 

100円ショップの材料で簡単に演出できる和のテーブルコーディネート。これから迎えるお正月や節分などのシーズンイベントでも使えるので、ぜひご自宅で和食パーティーを開いてみてくださいね!

 

【画像】

※ 山本 加奈子