CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 裁断して2ヶ所縫うだけ!夏の必需品「移動ポケット」の作り方【型紙付き】

裁断して2ヶ所縫うだけ!夏の必需品「移動ポケット」の作り方【型紙付き】

夏になると、衣類が薄地になりますよね。そのため、「夏服ってポケットがない服が多い!」そんな風に思ったことはありませんか?

ということで、そんなときにとっても便利な、親子でできる超簡単“移動ポケット”の作り方をご紹介します! ちょっと難しそう……と思った方も大丈夫。裁断して、たった2ヶ所縫うだけでOK!

ダウンロードしたらそのまま使える型紙付きなので、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

■早速「移動ポケット」の作り方をご紹介!

今回作るのはこちら。1つ作っておくと、とっても重宝しますよ!

画像:LUVRIDDIM

<材料>

画像:LUVRIDDIM

今回は100均だけで揃えてみました!

生地(65×65センチ以上のものがオススメです)

名刺用のクリップ(安全ピン付き)

布用接着剤

ハサミ

水で消せるチャコペン

糸と針

おまけでレースやリボン、ストーンなど

<作り方>

(1)まずは、型紙をダウンロードして印刷しましょう。

ダウンロードはこちら

画像:LUVRIDDIM

印刷したら、枠線で切リ取っていきます。

画像:LUVRIDDIM

今回は型紙が3枚あるので、つぎはぎ部分を合わせて貼り合わせます。

画像:LUVRIDDIM

(2)続いて、先ほど切り貼りして作った型紙を生地の上に乗せます。このとき、生地の端と型紙の端を合わせてクリップで留めておくと、ずれずに線を引くことができます。

画像:LUVRIDDIM

印をつけ終わったら型紙の通りに切っていきます。

画像:LUVRIDDIM

このとき、上から型紙を抑えながら切っていくとずれずに切ることができます。

また、切りながらクリップを留めていくと、ずれるのを防ぐことができるため、仕上がりがさらにキレイになりますよ。

(3)ノッチ(切り込み)を入れていきます。

画像:LUVRIDDIM

こちらもキレイに仕上げるために必要な作業。型紙の赤丸部分にノッチを入れていきましょう。

(4)生地の上から型紙を外し、先ほど入れたノッチを目印にして、両はしを三つ折りしていきます。

そして、しっかり折り目をつけるために折るときに上から手アイロンをかけていきます。

画像:LUVRIDDIM

さらに今回は超簡単!を目指すため、3つ折り部分を“接着剤”で止めていきます。

画像:LUVRIDDIM

接着剤をつけたら、上からしっかり押さえつけてください。

(5)三つ折りにしたら中表にして、ノッチを目印に折りたたんでいきます。

まずは片端を折ります。

画:LUVRIDDIM

続いて、逆の端を合わせます。

画像:LUVRIDDIM

最後に、ノッチを合わせて折りたためば、折りたたみ作業は完了です!

画像:LUVRIDDIM

(6)折りたたんだことで、ノッチの入った部分をキレイに合わせたら、ずれないようにクリップで止めます。

画像:LUVRIDDIM

縫い作業をお子さんがする場合は、端から1cmのところに印をつけてあげるとやりやすいですよ。

(7)さて! いよいよ針と糸の出番です!

縫う箇所はたった2つ! 先ほど印をつけた部分を縫っていきます。

画像:LUVRIDDIM

(8)縫い終わったら、いよいよ作業は大詰め!

画像:LUVRIDDIM

縫い合わせた片方の脇が袋になっているので、そこからくるっと裏返すと……?

画像:LUVRIDDIM

こんな形に!

しかし、まだ裏地が見えてしまっていますよね。ということで、ここもひっくり返してしまいましょう!

画像:LUVRIDDIM

完成!

画像:LUVRIDDIM

上についているクリップ部分は、下の写真のように折り返し部分にくっつけてください。

画像:LUVRIDDIM

中にティッシュを入れれば完成です! 所要時間は45分ほど。

画像:LUVRIDDIM

 

いかがでしょうか?

ぜひ皆さんも、夏休みの工作に、“世界でたったひとつの移動ポケット”を手作りしてみませんか?

 

【画像】

※ LUVRIDDIM