CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 3つの性格タイプ別に伝授!入園・入学後の新生活に慣れるためのコツ

3つの性格タイプ別に伝授!入園・入学後の新生活に慣れるためのコツ

画像:tsuppy / PIXTA(ピクスタ)

卒園・卒業シーズンまっただ中ですが、4月から入園・入学を迎えるお子様のママ達にとっては、まだまだ慌ただしい日々ではないでしょうか?

様々な準備に追われながら、入園や入学するにあたり子どもがちゃんと新生活に適用できるかなど、不安を感じているママもいらっしゃるのではと思います。

本日はコミュニケーション心理学講師の筆者が、“気質3タイプ”別の入園・入学後の生活に慣れるために事前にやっておきたいこと、そして注意事項をお伝えいたします。

 

■気質3タイプとは?

まずは、“気質”についてご紹介します。“気質”とは、それぞれが生まれ持った“性格的特徴”です。感じ方や行動基準など、タイプによって違いがあります。

(1)理論理屈で知りたい!“思考タイプ”

思考タイプは、「どうしてそうなるのか」「何が原因でどうすればよいか」など、常に意味を考え、自分なりの結論を出して行動するタイプです。

(2)好きか嫌いかなど自分の感じ方で判断する“感情タイプ”

感情タイプは感受性が豊かで、 好き嫌いやフィーリングといった“感覚”が他のタイプよりも鋭敏であり、理屈ややってみた結果よりも、そのとき“どう感じたか”で物事を判断したり行動したりするタイプです。

(3)机上の空論よりも、まずはやってみたい“行動タイプ”

行動タイプは理論理屈が苦手で、結論の見えない長い話や説教をされるより、まず自分でやってみた結果から考えたり、動きながら考えるタイプです。

 

■3タイプ別やっておきたいこと、注意事項

それでは、タイプ別に入園・入学前にやっておきたいこと、注意事項をお伝えいたします。

(1)思考タイプ

思考タイプは理論理屈を知り、自分なりの結論を導きだそうとします。まずは入園・入学後の生活がどう変化するのかを、わかりやすくまとめて伝えておきましょう。

朝起きる時間、準備することなど事前に分かりやすく伝えることも必要ですが、スケジュールを目で見えるように絵や文字で掲示しておくのもよいでしょう。徒歩通学の場合は、事前に朝の準備から登園・登校までスケジュールを一通り説明して、実践しておくことも有効です。

また、入園・入学後すぐは給食がなく早帰りだと思いますので、段々と時間も長くなりいつから給食を食べて帰るようになるということも、説明しておくと心構えができてよいでしょう。

朝の準備などはじっくり考えながらマイペースに行う傾向にありますので、慣れるまでは前夜にママが見守りながら一緒に準備しておくのがお勧めです。

(2)感情タイプ

感情タイプは、 気分で左右されることが多いタイプです。好きか嫌いか、楽しいか楽しくないかによって、新しい生活に慣れるまで少し時間がかかる可能性があります。特に入園の場合はママと一緒だった楽しく快適な日々から、知らないお友達や先生との慣れない日々にすぐに適応できない子が多い傾向にあります。

まず大切なのは、幼稚園・保育園が楽しい場所であるということを感じさせてあげること。入園前に入園するとどのような楽しいことがあるのかを、一緒に話しておくとよいでしょう。

また、小学生になるお子様については、勉強は楽しいと感じてもらうことが大切です。例えば、机周りや学用品を好きなキャラクターで揃えてあげるなど、気分が上がるようにしてあげるのもひとつの方法です。

朝の準備などは、事前に準備していても朝起きた気分によって時間がかかる傾向にありますので、慣れるまではママが一緒に準備してあげましょう。

(3)行動タイプ

行動タイプは、長い話や理屈が苦手です。まずは入園・入学後の生活がどう変化するのか、結論から分かりやすく説明しましょう。机上の空論よりもまずはやってみたいタイプですので、準備から登園・登校までの練習を本番前にしておくことも有効です。

また、登園・登校については「時計の針がここまできたら家を出る」「〇時〇分に家を出る」などとはっきり出る時間を伝えてあげることが大切です。

「遅刻するよ~!」とママが口うるさく言うより、どのように準備して何時に出ないといけないかを体現してみた方が分かりやすい傾向にあります。理論理屈で説明されたり長い話は苦手ですので、大切なことから順に説明してあげましょう。

朝の準備などはやる気になれば短時間でスピーディにできる傾向にありますが、入れ忘れがないか慣れるまではママが必ず確認してあげましょう。

 

いかがでしたか? “気質”3タイプ別の入園・入学後の生活に慣れるためにやっておきたいこと、注意事項をお伝えいたしました。

お子様にとってもママにとっても新生活の始まり。最初は準備や環境に慣れるまで時間もかかると思いますが、それぞれがストレスをできるだけ感じず、新しい生活を楽しく過ごしていけるようにサポートしていけるとよいですね。

 

【参考】

※ JPPA日本ポテンシャルプロファイリング協会

 

【画像】

※ tsuppy / PIXTA(ピクスタ)

Recommend今あなたにおすすめ