CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 名古屋のレゴランド®︎はココで予習!絶対行くべき一押しスポット5つ

名古屋のレゴランド®︎はココで予習!絶対行くべき一押しスポット5つ

画像:irokae

2017年4月1日(土)に、名古屋市港区金城ふ頭にオープン予定の日本初上陸『レゴランド(R) ジャパン』。

2歳~12歳までのお子様を持つ家族をターゲットにした、“家族で1日楽しめる屋外型キッズテーマパーク”です。

今回、筆者が取材に行ってきましたので、オススメしたい施設やアトラクション5つをみなさんにお伝えしたいと思います。

 

◼︎1:自分だけのフローズンジュースが作れる『アボミナブル・スラッシュ』

取材に行く前にレゴランド(R)ジャパンのホームページを見て予習していて、その中でも「絶対行きたい!」と思っていたのが、こちらのショップ。

ブリックトピアエリア内にある『アボミナブル・スラッシュ』。

アボミナブル・スラッシュ
画像:irokae

こちらのショップでは、自分だけの特別なフローズンジュースが作れちゃうんです。

コーラ・山ぶどう・メロン・ピンクレモネード・ブルーハワイの5種類のフレーバーを好きなように注ぐことができます。

アボミナブル・スラッシュ
画像:irokae

実際に筆者もやってみました!

これ、センスも必要なのでなかなか難しいんです……。でも筆者は欲張って全種類入れてみました。

アボミナブル・スラッシュ
画像:irokae

スタッフさんいわく、ポイントは均等に入れること。また、コーラは最後に入れないと色が混ざってキレイな色合いを出せないということでしたので、お忘れなく!

 

◼︎2:スリル満点絶叫マシーン『ザ・ドラゴン』

テーマパークに行ったら絶叫系に必ず乗りたいという方は必見!

ナイト・キングダムエリア内の『ザ・ドラゴン』。

ドラゴンに乗って中世の世界を冒険。巨大なドラゴンなど、たくさんの動くレゴ(R)モデルを通り抜け、お城を駆け抜けます。

ザ・ドラゴン
画像提供:LEGOLAND Japan 株式会社

ザ・ドラゴン
画像提供:LEGOLAND Japan 株式会社

ザ・ドラゴン
画像提供:LEGOLAND Japan 株式会社

外から見るとそれほどでもないのですが、実際に乗ってみると結構な迫力! 絶叫好きには絶対に乗ってもらいたいです。

こちらは、105cm以上130cm未満の方は付き添いが必要ですので、お子さま連れの方はご注意を。

 

◼︎3:好きな色や形のブロックが詰め放題『ピック・ア・ブリック』

レゴブロックの単品購入が可能なこちらのショップは、ブリックトピア内にある『ピック・ア・ブリック』。

ピック・ア・ピック
画像: irokae

なんと、100種類以上の色や形のレゴ(R)ブロックが詰め放題なんです!

ピック・ア・ブリック
画像:irokae

ケースが2種類あり、自分の好きな色や形のブロックをケースがいっぱいになるまで詰めることができます。

お子さんに詰めさせてあげても楽しめるかも。また、これだけでもお土産のひとつになりますよね。

 

◼︎4:大人も童心に返れちゃう!ブロックで遊べるエリアがたくさん

レゴ(R)といえばブロック。そう、ブロックで遊べる施設が各エリアにたくさんあります。

例えば、ブリックトピア内にある『レゴ(R)クリエイティブワークショップ』。ワークショップに参加してモデルの作り方を学ぶことができます。

画像提供:LEGOLAND Japan 株式会社

また、ブリックトピア内にある『ビルド・アンド・テスト』では、車を作ってレースをしたり、カラフルな魚を泳がせたりと、色々なブロックを作って遊ぶことができます。

ビルド・アンド・テスト
画像:irokae

ビルド・アンド・テスト
画像:irokae

アトラクションに乗らなくてもこちらでたくさん遊ぶことができます。

童心に返ってお子さんとどちらがスゴイものを作れるか勝負してみては? ぜひ、ご家族みなさんで楽しんでください。

 

◼︎5:必見!一つひとつ手作りのレゴ(R)で出来たキャラクター

パーク内のあらゆるところに、10,000体のレゴ(R)モデルがあります。これ、実は全て手作りなんです。

時間にすると、1人50万時間をかけてキャラクターを作ったのだとか! 一つひとつじっくり見てみると、その精工さにとても感動しますよ。

パーク内のキャラクター
画像:irokae

パーク入口には、こんなご挨拶をしてくれるキャラクターもいます。可愛いですね。

入口
画像:irokae

この色鮮やかな大きな像もすべてレゴ(R)ブロックでできているなんて、驚きです!

ファクトリー
画像:irokae

しかも、ショップのスタッフさんのネームプレートもレゴ(R)ブロックでできています。一人ひとりブロックが違うので要チェックです!

 

以上、おすすめスポットをご紹介させていただきました。各エリアのアトラクションは全部お伝えしきれないのですが、レゴ(R)好きには大満足間違い無しです! 少しでも違った角度から楽しんでみてくださいね。

子どもを連れて行ったときには、作ってくれた人への感謝の気持ちを教えるとともに、物の大切さを伝えるのも良いと思います。ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

<施設情報>

LEGOLAND(R) JAPAN

住所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地1
TEL:050-5840-0505(年中無休 9:00~12:00、13:00~17:00)
HP:http://www.LEGORAND.jp/

 

【関連記事】

※ レゴランド®4/1オープン!ママライターが見つけた「子連れに嬉しい」心遣い3つ

 

【画像】

※ LEGOLAND Japan 株式会社

※ irokae

Recommend今あなたにおすすめ