CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 面倒な引越しの救世主!「ライフオーガナイザー®」って知ってる?

面倒な引越しの救世主!「ライフオーガナイザー®」って知ってる?

画像:Graphs / PIXTA(ピクスタ)

皆さんは引っ越しで困った経験はありませんか? 荷造り、家具の配置、不用品の処分、行政やライフラインの手続き……やらなければいけないことが山積みですよね。

筆者も、家探し、小学生の子どもの転校手続きや習い事の先生への連絡、分譲マンションの売却、引っ越し作業に追われた一人。日々の生活や仕事と並行していると正直に言って時間はいくらあっても足りません。

そんな時、手を差し伸べてくれたのは“ライフオーガナイザー(R)”のにったよしえさんでした。

そこで、今回は“ライフオーガナイザー(R)”を活用した引っ越し準備の模様をレポートいたします!

 

■「ライフオーガナイザー(R)」とは?得意分野が引っ越しのワケ

“ライフオーガナイザー(R)”とは、空間と思考の整理を行うプロフェッショナルです。それも、ただの“お片付け”だけではなく、その人の思考パターンに寄り添った空間整理術も提案していただけますよ。

今回、筆者がお願いしたのは“引っ越しサポートサービス”。

にったさんご自身も12回もの引っ越しを経験されたことを活かし、かゆいところに手が届くサービスを行ってくれます。単身、夫婦2人、幼稚園児連れ、小学生連れ……とあらゆる引っ越しパターンを経験している、言わば引っ越しのエキスパート。

たとえば冷蔵庫を空にするための献立を立てるなど、主婦目線での引っ越しスケジュールのアドバイスもいただけるのが心強いのです。

 

■さっそく筆者も引っ越し作業をお願いしてみました!

画像:川島たかえ

まず、自宅にある全ての家具のサイズを測っていただき、新居のサイズを考慮しながらの配置案を一緒に考えていただきました。

不動産資料をもとに、分かりやすく図面に起こしたものを用意してくださったので、配置を考えるのもスムーズ。もちろん、手持ちの家具を有効活用した生活導線を踏まえて、家具の配置をアドバイスしてくれます。

新居の造りつけのクローゼットに手持ちのたんすを入れてしまうアイデアや、ラックを組み替えてオーダーメイド家具のように使う技も教えてくれるんです。これにはワクワクしてしまいました!

今の家具は捨ててしまい、引っ越し後に買い替えればいいや!と思ってしまう方も少なくないのではないでしょうか? 新居の間取りを踏まえて、今の家具の活かし方を考えてくれるのは、本当にありがたいですね。

 

次回は、引っ越しの3日前の荷造りについてのレポートします。

もちろん、それまでに自分達でも荷造りはしていますが、引っ越し日が近付くほど、すぐに使いたいものの梱包になっていくので、どんなアイデアが飛び出すのかとても楽しみです。

 

【取材協力】

※ にったよしえ・・・ブログ「私が整う片付け術

 

【画像】

※ Graphs / PIXTA(ピクスタ)

※ 川島たかえ