CUCURU(ククル) > グルメ > 平日の昼間でも大行列!名古屋初「つけパンシチュー」のお店が話題

平日の昼間でも大行列!名古屋初「つけパンシチュー」のお店が話題

画像:かねお友香

名古屋初と言われる“つけパンシチュー”のお店『huver.(フーバー)』が名東区本郷駅前に3月1日にオープンしました! 外観も素敵ですよね。

魅力満載のお店だからこそ、オープンから1ヵ月経った今でも、平日の昼間でも入店待ちの人が20人以上になることも。夜のダイニングも充実しているのですが、今回はランチメニューを中心にご紹介したいと思います。

 

■充実の“つけパンシチューランチ”

画像:かねお友香

なんといっても『huver.』の魅力は、“つけパンシチュー”。この日は、“厚切りベーコンのカルボナーラシチュー”をオーダーしました。上質なベーコンや野菜がごろごろ入っていて、卵とチーズがそれをまとめています。

左上に見える丸いのは“つけパンシチュー”用に特別にオーダーして作ったフカフカでおいしいパンで、3つもついてきます。

画像:かねお友香

“つけパンシチューランチ”は1,350円で、前菜、ジャーサラダ、つけパンシチューと、フリードリンクのセットです。

画像:huver.

ほかにもいろいろなシチューがあり、こちらが“ローストチキンのつぶつぶコーンシチュー”。

画像:huver.

こちらは“ごくびき煮込みハンバーグシチュー”、どれも美味しそうですよね!

 

■インスタ映えも抜群!パンケーキに、ふわとろかき氷

画像:huver.

つけパンシチューランチをオーダーの方は、パンケーキやふわとろかき氷が350円の追加料金でオーダーできます。単品で注文するより、うんとお得! そしてこちらのパンケーキとかき氷たちのインスタ映えがするところも魅力のひとつでしょう。

まず“白のミルククリームパンケーキ”。『huver.』のかき氷は、長野県からわき出る軟水を48時間かけてゆっくり凍らせた“純水”を使用。食べてもキーンとならず、“空飛ぶふわとろかき氷”と呼ばれています。“いちごミルクかき氷”は季節限定商品です。

画像:huver.

画像:huver.

“焦がしカラメルグラノーラかき氷”はこちら。こちらも食べてみたい!

 

■おしゃれな内装で、名東区で数少ない深夜まで営業

画像:かねお友香

そしてこちらのお店の魅力の一つが、内装のおしゃれ感。名古屋郊外でこんなオシャレなところはなかなかないでしょう。「ソーホー地区の古い建造物にリノベーションを施した」というイメージだそうですよ。しかも席数も70席あり、一人用の席もありますし、パーティルームもあるなど、様々な用途で利用できそうです。

そして大人にとって嬉しいのが、夜遅くまで営業しているところ。夜は“つけパンシチュー”以外のメニューも充実しており、ダイナーのようにも使えます。

それにカクテルが120種類、ワイン、ビール類も充実しており、妙齢の男性が一人でお酒を飲む姿も見られましたよ。名東区で夜まで営業しているのは居酒屋がほとんどなので、こんなカフェレストランを待ってた人は多いのではないでしょうか。

 

場所も本郷駅から徒歩30秒と、とっても便利。本郷駅前のバスターミナルからは2つの有名女子大向けのバスが出ていますから、オシャレな女子大生の間でも知られた存在になっているようですよ。

 

<店舗情報>

huver.(フーバー)

住所:愛知県名古屋市名東区本郷2-131
TEL:052-739-6633
営業時間:月水木日 11:00~25:00、金土 11:00~26:30
定休日:火曜日
HP:https://www.yr-cafe.co

 

【画像】

※ huver.

※ かねお友香