CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 桜の下だけじゃない!「入学式」の思い出が後から蘇る写真の撮り方

桜の下だけじゃない!「入学式」の思い出が後から蘇る写真の撮り方

画像:夏目佳代

卒園式も終わり、4月からはピカピカの1年生。入学式を楽しみにされているご家庭も多いと思います。入学式には桜の木の下でにこにこ笑顔の写真を撮りたいですよね。

でも、そんな写真以外にも、撮っておくと後で見返した時に、より思い出がよみがえる写真の撮り方があるので、スクラップブッキング講師の筆者がお伝えします。

 

■カメラ目線でない自然な表情を

入学式に行くと、桜の木の下に行列ができてしまうほど、多くの方が、桜の前でピースサインの写真を撮ってしまいがちですね。

画像:夏目佳代

こんな桜の写真も1枚は押さえておきたいのですが、初めての教室で、初めて会ったお友達にドキドキしながら話しかけている様子や、

画像:夏目佳代

先生のお話しを、緊張しながら聞いている姿などを撮っておくと、大きくなってからでも鮮明にその時の気持ちや情景を思い出すことができます。

画像:夏目佳代

初めて座った座席で、新しい教科書や教材を前にした表情などもかわいいですよ。

画像:夏目佳代

それ以外にも、下駄箱やロッカーの写真などもおすすめです。

画像:夏目佳代

 

■初登校の写真も撮っておこう

入学式は親と一緒に学校へ行くので、子どもたちにとって本当の初登校の日の写真もぜひ撮っておきたいところです。

画像:夏目佳代

小さな背中に大きなランドセルを背負って、高学年のお兄さんたちと出かけて行く後ろ姿。子どももママもドキドキですね。アルバムを作る際には、そんな心境も一緒に書き留めておきましょう。

画像:夏目佳代

 

■6年後にはこんな写真もおすすめ

無事に小学校生活6年間が終わり、卒業の日を迎える時がやってきます。小学校の6年間は身体も心もとっても大きく成長します。

入学式に写真を撮った同じ場所で、卒業式の時に写真を撮ってみるのも、どんなに大きくなったかがわかって面白いですよ。

画像:夏目佳代(入学式)

画像:夏目佳代(6年後の卒業式)

 

いかがでしたか。ワクワクドキドキな入学式。ぜひ思い出に残る写真をたくさん撮ってみてくださいね。

 

【画像】

※ 夏目佳代

Recommend今あなたにおすすめ