CUCURU(ククル) > グルメ > 夕方には売り切れ必至!隠れ家パン屋のハード系パンが激ウマすぎる

夕方には売り切れ必至!隠れ家パン屋のハード系パンが激ウマすぎる

画像:大橋千珠

粉にこだわったり、材料にこだわったりと街のベーカリーは魅力がいっぱい。

今回ご紹介するのは名古屋市の鶴舞公園からすぐそばにある『スーリープー』。大きな看板はなく、目立って宣伝もしていないので知る人ぞ知る名店です。

 

■なかなか見つからない!? まさに隠れ家的なパン屋さん

鶴舞公園を東に行くと路地がありますが、路地に入る角にお店はあります。見つけられず、断念して帰ったことがある人もしばしばいるほど、隠れ家的なパン屋さんです。

大きい看板はないのですが、この周辺に来るとパンの焼ける香ばしい匂いがするのでたどり着けるはず。リピーターが多いようで、お客さんが途切れず常に賑わっていました。お昼頃行った時にはまだまだパンを仕込んでいました。

 

■店内はガラス張りのショーケースにパンがずらり!

こじんまりした店内はガラス越しに所狭しとパンが沢山! シンプルなカンパーニュやブールなどから、具沢山なパン、甘いパン、ソーセージが入った惣菜パンまでラインナップも豊富です。

画像:大橋千珠

画像:大橋千珠

パンについているポップにはアレルギー表示があるので安心して購入できます。また、パンの中に入っているものも書いてあるので、ある程度味を想像しながら買えますね。

 

■ハード系のパンが絶品

左から順に“くりスティック”、“2種のレーズンパン”、“ルヴァンチョコ&オレンジ”の3種類。

画像:大橋千珠

カットしてみると具材がゴロゴロ!

画像:大橋千珠

“くりスティック”は栗がホクホク甘く、ハード系のパンと相性抜群。長い部分のどこを食べても栗がゴロゴロ当たるので、非常に満足度の高い一品です。

“2種のレーズンパン”は、しっとりふっくらジューシーなレーズンがハードパンの中にぎっしり。レーズンの多さにびっくりします。どこを食べてもハズレのない、ぎっしり感。子どもも大喜びのパンです。

“ルヴァンチョコ&オレンジ”は、チョコとナッツ、オレンジピールが入って生地自体はほのかに酸味があり、爽やかな品です。

 

いかがですか? パン好きな方はもちろん、具がたっぷり入ったパンが好きな方、ハード系のパンが好きな方、これから気候も良くなるので『スーリープー』でパンを購入して、鶴舞公園で花見を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

<店舗情報>

スーリープー(SURIPU)

住所:愛知県名古屋市中区千代田1丁目16-20
TEL:052-263-3371
営業時間:8:00~19:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日・火曜日

 

【画像】

※ 大橋千珠