CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 桜好きにおすすめの楽しみ方を伝授!東海エリア「お花見」スポット4選

桜好きにおすすめの楽しみ方を伝授!東海エリア「お花見」スポット4選

画像:masa / PIXTA(ピクスタ)

みなさん、そろそろお待ちかねの季節がやってきますよね。そう、春と言えば桜です。みなさんが毎日手にしているであろう百円硬貨の表は桜のデザインですよ。知っていましたか? 身近にありすぎて意識していない人も多いでしょう。

桜は、開花から満開までは約1週間です。ぎゅっと短い期間で行動しなければならないので、開花宣言があってからどこへ行こうと調べては遅いですよね。

筆者は桜吹雪の中を歩くが好きなので、少し遅めに花見に行きます。その場合は、他の方がSNSに上げ始めたのを見てからで十分間に合いますけどね。

今回は、桜好きの筆者おすすめのお花見スポットを個人の感想と共にご紹介します。

 

■鶴舞公園(愛知県名古屋市昭和区)

愛知県名古屋市昭和区に位置する鶴舞公園は、“日本さくら名所100選”にも選ばれています。

JR東海の鶴舞駅と地下鉄鶴舞線の鶴舞駅が目の前なので、飲んで食べて宴会ができますよ。筆者は昨年、土曜日に訪れましたが、会社のメンバーでお花見に来ていらっしゃる方が多かったです。

敷地が十分に広いので、大人数の宴会もできるのが便利です。出店もありますし、音楽イベントも開催されていたので、筆者はライブステージの音楽に浸りながら、出店で購入した美味しい牛タンをいただきました。

交通機関の方は、地下鉄鶴舞線「鶴舞」、JR中央本線「鶴舞」、市バス「鶴舞公園前」でお越しください。

 

■落合公園(愛知県春日井市)

愛知県春日井市にある落合公園は、日本の都市公園100選にも選ばれています。

東名高速道路の春日井ICから車ですぐです。車での来場が便利で、シーズンには臨時駐車場もあります(東野小学校)。池や、お子様向けの遊具があったり、大芝生広場やグランドもあったり、小さなお子様連れのご家族が多い公園。花見と公園を同時に楽しみに来ると良いですよ。

「フォリー・水の塔」と呼ばれる塔の上には、水車でくみ上げた水を打つ鉄砲のようなものがあり、大人でも十分に楽しめます。こちらではお弁当を持参されている方がほとんどでした。

一昔前はバーベキューも可能だったのですが、残念ながら、火気厳禁になってしまったので現在は禁止です。お間違えのないように。

交通機関の方は、かすがいシティバス東環状線「落合公園」下車が便利です。

 

■五条川(愛知県岩倉市・江南市・大口町)

こちらは川沿いにずらっと桜並木が続いており、日本さくら名所100選にも選ばれています。

出店で買ったものを食べ歩きしながら、途中の橋で水面に映った桜を眺めたり、両サイドから桜に囲まれている川の雰囲気に酔いしれたりするのがおすすめです。

夜はライトアップされるので、幻想的な雰囲気になります。出店が多く並ぶので、昔ながらのリンゴ飴やぶどう飴、さらには苺飴など、筆者は「花より団子か?」と言われるほど、食べ歩いてしまいます。本当にお祭り気分が味わえます。

 

■小牧山(愛知県小牧市)

愛知県小牧市に位置する小牧インターを降りてすぐの小牧山は、提灯が並び、昔の風情があります。山の中に桜があるので、軽い山登りと共に桜を楽しむことができます。

ただ、歩きやすい靴を履いて行ってくださいね。たまにピンヒールが土にはまっている方もいたりするので、足元にはご注意を。

山の頂上には織田信長ゆかりの小牧山城があります。ここから見渡す景色は最高です。小牧山のふもとには、広場があるので、山を散策した後、子どもたちがはしゃいでるのを見かけます。

交通機関では、名鉄小牧線「小牧駅」より徒歩15分、名鉄バス・こまき巡回バス「小牧市役所前」よりすぐです。

 

いかがですか? 一言に花見スポットといっても、座ってワイワイしたい場所、散歩して楽しみたい場所、子連れでも十分楽しい場所、夜の幻想的な雰囲気を味わえる場所など、さまざまですね。

ちなみに、昼間はぽかぽか陽気になってきましたが、夜はまだ冷え込みますので、上着も忘れずにお持ちくださいね。風邪を引かないように、お花見を楽しんでください。

 

【画像】

※ masa / PIXTA(ピクスタ)