CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 着太りしてない?骨格診断タイプ別「ハイウエストボトムス」の似合う人・似合わない人

着太りしてない?骨格診断タイプ別「ハイウエストボトムス」の似合う人・似合わない人

今年はスカートもパンツもハイウエストデザインが店頭に多く出ていますね!

一般的には脚長効果があるとされているハイウエストデザインですが、ちょっと待って! 実は誰でも脚長効果が期待できるわけではないんです。それどころか人によっては着太りしてしまうこともあるって知っていましたか?

というわけで、ハイウエストボトムスの似合う・似合わないについて、骨格診断のタイプ別にお話しします。

あなたはどのタイプでしょう?

 

■ハイウエストが似合う人

ハイウエストデザインのボトムスを履くと、足が長く見えてスタイルアップするのは、骨格診断でいうと“ウェーブタイプ”の方です。

骨格診断ウェーブタイプとは、下重心の洋ナシ体型。二の腕よりも太ももの横張りが気になる人。

このタイプの方は重心を上げるアイテムや着こなし方でスタイルアップするので、ハイウエストデザインはとてもよく似合います。

逆に、ハイウエストのスタイルアップ効果を実感できる方は、骨格診断ウェーブかもしれませんね。

画像:マイ・オウン・スタイル 小島葉子

 

■ハイウエストで着太りする人

ハイウエストデザインで着太りしてしまうのは、骨格診断では“ストレートタイプ”の方です。

ストレートさんは、厚みのある上重心のリンゴ体型。肩まわりや二の腕のムッチリ感が気になる人。

このタイプの方は、もともと腰高な方が多いこともあり、ハイウエストボトムスを着ると、上半身が詰まった感じになり、着太りしてしまいます。

ウエストはジャストの位置か、または少しヒップハング気味に下げたほうが着やせできるのでおすすめです。

 

■ハイウエストがあか抜けない感じになる人

骨格診断で“ナチュラルタイプ”の方は、ハイウエストボトムスを履くと、子どもっぽくあか抜けない感じになります。ブリッコした感じとも言えるかも。

ちなみにナチュラルさんの特徴は、骨のフレーム感のある骨格。鎖骨が太かったり手が大きかったり、膝のお皿が大きいなど、骨太な人が多いです。

このタイプの方は全体的にずっしりと重心を下げる着こなしでスタイルアップします。骨格診断3タイプの中で、いちばん重心を下げたいタイプ。

なので、重心を上げてしまうハイウエストは苦手なんですね。

画像:マイ・オウン・スタイル 小島葉子

 

いかがでしたか?同じ服を着るなら、スタイルアップする服を選びたいですよね?

トレンドも、自分をより素敵に見せてくれるものだけ上手に取り入れられたら、おしゃれ上級者と言えるかもしれません。

ハイウエストボトムスの選び方、参考にしていただければ幸いです。

ご自身の骨格タイプがわからない方は、拙著『あなたの好きな服が、似合う服になる』(主婦の友社)に、自己診断の仕方を詳しく書いていますので書店でお手に取ってご覧ください。

 

【画像】

※マイ・オウン・スタイル 小島葉子

Recommend今あなたにおすすめ